南葛SC / NANKATSU SC
南葛SCの新人職員は見た! 2022シーズン全35選手の素顔を徹底公開!!③
見出し画像

南葛SCの新人職員は見た! 2022シーズン全35選手の素顔を徹底公開!!③

南葛SC / NANKATSU SC

南葛SC全35選手の素顔を徹底公開するnote、その③。
(①②は下記よりご覧ください。)

①②に引き続き、ラストは背番号25~55番の選手をご紹介します!


25 石井謙伍(いしい けんご)

右上。石井選手がレギュラーで出演されているラジオ『がんばれ!南葛SC!』に楠神選手(左下)と佐々木選手(右下)がゲストで来られた回より。

”札幌の育成組織出身で、2005年にトップチームに昇格。それ以来、Jリーグでは13シーズンを戦い、J1とJ2通算でリーグ戦322試合に出場した実績を持つ。Jリーグでの活躍は周囲からも高く評価され、06年9月には北京オリンピックを目指す、U-21日本代表候補としてトレーニングキャンプのメンバーにも選出された。南葛SCでは、プロ1年目に与えられた25番を背負う。初心に返ったベテランは、今なおフレッシュな気持ちでピッチを駆け抜ける。”

南葛SC公式HPより引用

南葛SCお兄さん陣の中でも、飛びぬけて人当たりがよく、接しやすい石井選手。この記事を社内で共有した日に、在宅で働いていた私にわざわざお電話をくださいました。SNS各種は、優しい人柄で溢れた投稿ばかりです。葛飾FMにて毎週火曜日に放送される「がんばれ!南葛SC!」も、YouTubeにて動画付きで公開されているので、ぜひご覧ください。

Twitter:https://twitter.com/kengo_ishii19
Instagram:https://www.instagram.com/kengo25ishii/
「がんばれ!南葛SC!」佐々木選手、楠神選手出演回:https://www.youtube.com/watch?v=hyDWRneR4I4

26 秋山大地(あきやま だいち)

キラキラした目をされた秋山選手。この写真が登場した楠神選手のツイートは多くの笑いを呼びました。実はエピソードには続きがあるとか… 気になる方はぜひお二人のツイッターをチェック!

”中学時代からC大阪のアカデミーに所属し、2013年にトップチームに昇格して以来、9シーズンにわたってJリーグの舞台でプレーしてきた。17年にはC大阪史上初となるルヴァンカップ優勝に貢献。中盤のエリアを幅広くカバーしながら、攻撃面では確かな技術と丁寧なプレーでパスワークに加わり、守備面では持ち前の洞察力を生かして相手の攻撃の芽を摘み取る。C大阪時代のチームメート、楠神順平との会話がきっかけで南葛SC加入を決断。”

南葛SC公式HPより引用

今季より新しく加入され、長いリハビリの末、ようやく先日復帰戦を迎えられた秋山選手。ツイッターでは、ほんわかとした秋山選手の人柄が伝わってくるツイートで埋め尽くされています。これまでにご活躍されてきた、葛飾以外の地域の人々とも交流されている様子も窺うことができます。

Twitter:https://twitter.com/akiyama260728
Instagram:https://www.instagram.com/26a.daichi/?hl=ja
楠神選手のTwitter:https://twitter.com/JKusukami

27 長澤晧祐(ながさわ こうすけ)

こんな表情をされた長澤選手、一度も見たことがないです。この写真は合成なんじゃないかといまだに疑っています。

”FC東京U-18、筑波大学を経て、筑波大学OBで構成するF.C. Kirinoha Tokyoから2021年9月に南葛SCへ加入。複数のポジションを器用にこなすことのできるユーティリティなプレーヤーで、主にサイドハーフやサイドバッグを主戦場とする。身長165センチと決して大柄ではないものの、大きな魅力の一つがそのアグレッシブに戦う姿勢。本人も「『キャプテン翼』の石崎くんのように、ガッツあふれるプレーでチームの勝利に貢献したい」と語る。”

南葛SC公式HPより引用

見事な俊足でフィールド中央付近から一気にゴール間近まで駆け寄り、声出し応援が禁止されている観客を、つい「おー!」と唸らせてしまう長澤選手です。まじめでストイックな性格が伝わるツイートだけでなく、時々出現する、チームメイトにだけ見せるふざけた表情をとらえた写真の数々にぜひご注目ください。

Twitter:https://twitter.com/kosuke37147
Instagram:https://www.instagram.com/kosukenagasawa27/

28 布施周士(ふせ しゅうと)

左から2番目。左から、宮澤選手、村越選手、関口選手と。このようなお腹をされているとは存じ上げませんでしたが、ボール捌きはめちゃすごいです。

”2020年に南葛SCへ加入することになったきっかけは、同年に南葛SCの監督に就任し、1年間指揮を執った島岡健太氏の誘いを受けたこと。2人は大学時代も選手と監督の関係であり、島岡氏からの誘いを本人は「魅力しかなかった」と語る。東京Vユース出身選手らしく足元の技術に優れ、さらには長短のパスの精度が非常に高く、ピッチのさまざまなエリアからチャンスを創出。また、チーム随一のスタミナを武器に、ピッチ全体を縦横無尽に走り回る。”

南葛SC公式HPより引用

南葛SCの中でもトップクラスのテクニックをお持ちの布施選手。SNSは中々更新されませんが、ふしめふしめに投稿される文章に、想いがぎゅっと詰まっています。布施選手のツイートがフィードに登場すると、感慨深さを感じられるのではないでしょうか。

Twitter:https://twitter.com/1TlI9wxNu50QktB

29 下平匠(しもひら たくみ)

きれいにトラップできたと思った直後に、ボールを追いながらはにかむ下平選手。 画質が大変粗いですが、表情がとても素敵なので、こちらのスクショを選ばせていただきました。

”多くのプロ経験者が集う南葛SCの中でもトップレベルの実績を持つ。中学時代からG大阪のアカデミーに所属し、07年にトップチームへ昇格。その後、大宮、横浜FM、千葉へ活躍の場を移し、これまでJリーグでプレーした14年間のうち、実に11年半をJ1で戦い続けてきた。横浜FM在籍時の15年には、リーグ戦でフルタイム出場を達成。J2のクラブを含め多くのクラブから誘いがあったものの、“大きな魅力”を感じ、南葛SC加入を決めた。”

南葛SC公式HPより引用

相手選手を見事に交わし、欲しいところにサッとパスを出す、見ていて気持ちの良いディフェンダー下平選手。『職人芸』と称されるスゴ技を繰り出した瞬間に何を意識していたか、という解説ツイートが人気。そして、エンジニアでもある下平選手。自身が作られたウェブサイトには沢山の記事をアップされており、より下平選手のことを知ることができます。

Twitter:https://twitter.com/takumi_106
Instagram:https://www.instagram.com/takumi_shimohira_official/
ウェブサイト:https://takumi-shimohira.net/

30 寺沢優太(寺沢源三)

普段はおどけた写真が多い寺沢選手ですが、個人的にこの投稿が一番寺沢選手らしいと感じたので、文章と一緒に選ばせていただきました。

”地元である長野県の東京都市大学塩尻高校3年次には全国高校サッカー選手権大会に出場。大学卒業後は現在の南葛SCがターゲットとして捉えるJFL(日本フットボールリーグ)やJ3リーグでのプレー経験とともに、ドイツのクラブで活躍した実績を持つ。『キャプテン翼』の若林源三を愛し、フィールドプレーヤーへの的確な指示に定評のあるGKは、南葛SCのホームタウンである東京都葛飾区の街の数である「30」を自らの背番号として選択。”

南葛SC公式HPより引用

今季より加入されたGK寺沢選手。職場では毎日元気にスベり倒されています。エンターテイナー精神に溢れているので、若干スベりつつも、やはり面白い投稿を多くされています。(本当はサッカーに一番熱い男です!)メンションすると、高確率でご本人がツイートに反応されます。南葛SCのためだけに作られた「寺沢源三」アカウントもぜひチェック。

Twitter:https://twitter.com/YutaTerasawa
Instagram:https://www.instagram.com/yuta_terasawa_official/
「寺沢源三」Instagram:https://www.instagram.com/nankatsu_genzo_katsushikaku/

31 飯吉将通(いいよし まさみち)

ご自身の写真をあまり投稿されない飯吉選手。こちらは、他の選手が投稿していた写真です。チームメイトに慕われていることが伝わってきます!

”数多くのプロ選手を輩出してきた中央大学在籍時には、1年生の頃から守護神として存在感を発揮。自身も大学時代に成長した部分として“ビルドアップへの関与”を挙げているとおり、巧みなボールコントロールと精度の高いパスでプレーに関わり、チームの攻撃の土台となる部分を担う。南葛SC加入に際しては、「クラブのワクワクするコンセプトに惹かれました」とコメント。岩本義弘GMは、「足下の技術、シュートストップに期待」と語る。”

南葛SC公式HPより引用

去年より新卒で加入されたGK飯吉選手。職場では、若手ながらにチームリーダーを務め、頼もしい存在です。コンスタントに投稿されているツイッターからは、随所に飯吉選手のチーム愛を感じることができます。

Twitter:https://twitter.com/msmc1214
Instagram:https://www.instagram.com/msmc1214/

33 河本明人(かわもと あきと)

一番右。左から、柳選手、能登選手、梶塚選手と。普段ラフな格好をされているので、スーツ姿は新鮮です。皆さんとてもお似合いですね。

”数多くの決定機を創出し、自らも得点チャンスに顔を出すアタッカー。ハイレベルなサッカーセンスと優れた万能性を兼ね備え、南葛SCではセンターフォワードやサイドMFとして存在感を発揮する。名門・流通経済大学付属柏高校時代には、2年生の時に高円宮杯全日本ユース(U-18)選手権大会と全国高校サッカー選手権大会の2冠を達成。流通経済大学在学中にはユニバーシアード中国・深セン大会でMVPに輝き、大学卒業後は甲府と栃木で経験を積んだ。”

南葛SC公式HPより引用

南葛SCイケメン三銃士のうちの一人、河本選手。(佐々木選手、能登選手と共に、やたら宣材写真に起用されます。)南葛SCの広報を担われており、公式YouTubeに上がってる動画のいくつかは、河本選手が編集されています。河本選手のツイッターからは、社内での選手たちの様子を垣間見ることができます。試合後に投稿される爽やかなツイートにも注目です。

Twitter:https://twitter.com/akitokawamoto
Instagram:https://www.instagram.com/akito_kawamoto5.6.9.5.5/

37 河野広貴(かわの ひろき)

ウォーミングアップ中の姿。ファンの中で昔より親しまれている、河野選手の素敵な笑顔は、南葛でも健在しています。

”17歳の時にJリーグデビューを果たし、これまでJ1とJ2で通算244試合に出場してきた。世代別の日本代表にも常時名を連ね、2007年にはFIFA U-17ワールドカップも経験。切れ味鋭いドリブルや突破力といった従来の武器に加え、確かなサッカーセンスと戦術眼を生かしながら、最適なポジションでボールを引き出し、巧みなボールコントロールでチームの攻撃にリズムを加える。守備意識も高く、前線から中盤まで幅広いエリアをカバーする。”

南葛SC公式HPより引用

これまで様々なクラブに所属され、当時からの根強いファンがツイッター上で多く見受けられる河野選手。『キャプテン翼』内の有名なセリフ「ボールと友だち」を体現されているようなボールの扱い方をされています。たくさんの選手の投稿をリツイートされており、これまで在籍されてきたチームのメンバーを大切にされている様子が伝わってきます。

Twitter:https://twitter.com/hiroki337

39 伊野波雅彦(いのは まさひこ)

葛飾のソフトクリーム屋さんでの伊野波選手。牛の置物にも勝る高身長の持ち主です。

”15年以上にわたるプロキャリアでは7チームに在籍。08年に加入した鹿島では前人未踏となるJリーグ3連覇に貢献し、クラブの黄金期を築いた。中盤の底や最終ラインでプレーしながら、守備面はもちろん、攻撃を構築する際のパスワークの中心としても高い能力を発揮する。FIFAワールドカップの日本代表にも選ばれた選手の南葛SC加入は世間を驚かせたが、同時に本人の「『キャプテン翼』を読んだことがない」というコメントも大きな話題となった。”

南葛SC公式HPより引用

稲本選手、今野選手とともに今年より加入され、南葛SCへの期待を大きく上げてくださった伊野波選手。ご自身のツイートだけではなく、サッカー関連の情報に溢れた伊野波選手のツイッター。フォローしていると、日本サッカーについて詳しくなれます!

Twitter:https://twitter.com/inoha19

41 宮澤弘(みわざわ ひろし)

広報で何度も使わせていただいている素敵な一枚。喜び弾け、自然と爽やかな表情。村越スマイル(②の記事参照)に負けないくらい宮澤スマイルも魅力的だと個人的には思っています。

”常に笑顔でチームを盛り上げるムードメーカーは、南葛SCが関東サッカーリーグ1部へ昇格するために必要な要素として“ゴール”を挙げる。シュート技術や得点感覚に優れる上、セットプレー時のキッカーとしても存在感を発揮する彼ならではのイメージだ。フィジカルトレーニングや栄養管理など、選手の肉体強化に定評のあるいわきFCの出身選手らしく、168センチと決して大柄ではないものの、体幹の強さを生かして相手との競り合いを制する。”

南葛SC公式HPより引用

去年のリーグ得点王である宮澤選手。今年も出場回数トップの選手のうちの一人です。インスタでは、美味しそうな食事の写真をよくストーリーにアップされています。FiNANCiE(ファンクラブのような役割を担っている媒体)では、試合後に数行にわたる感想を投稿されています。SNSでは語られない宮澤選手の詳細な想いを知ることができます。

Twitter:https://twitter.com/hiro0507shi
Instagram:https://www.instagram.com/hiro0507shi/
FiNANCiEについて:(準備中)

44 相澤祥太(あいざわ しょうた)

右から2番目。左から、河本選手、柳選手、寺沢選手、梶塚選手と、クリーンプロジェクト終わりに。このメンバーの平均身長はなんと179cmオーバー。

”流通経済大学付属柏高校、流通経済大学を経て、オーストラリアのSWQサンダーFCへ加入。その後、神奈川県2部リーグやJ3熊本で活躍した。攻撃面では、前線やサイドへの的確なパスワークで中盤をコントロールし、守備面ではピッチ中央でのハードワークや空中戦の競り合いで強さを発揮。南葛SC“初”となる、ホームタウンの東京都葛飾区で生まれ育った男は、「地元にJリーグを本気で目指してるチームがあるのがすごくうれしい」と笑顔で語る。”

南葛SC公式HPより引用

ピッチ上で言論、身体ともに熱いプレーを見せる相澤選手。葛飾区ご出身で、先日公表された「かつしかフードフェスタPR大使」に南葛SCが任命された際の宣材写真では、センターに抜擢されていました。ご本人のツイッターを開くと、クセの強いプロフィールにどん引かれてしまうかもしれません。でも、実際にツイートを読むと、素直で痛快な人柄をされていることが分かります。

Twitter:https://twitter.com/shotaizawa19
Instagram:https://www.instagram.com/shota_aizawa19/
「かつしかフードフェスタPR大使に南葛SCが任命」:https://www.nankatsu-sc.com/32304.html

55 中村翼(なかむら つばさ)

右から2番目。安羅選手(左から2番目)とスポンサー先にて。新卒新加入のお二人がまだ初々しく固い表情をされているのが個人的にツボです。

”『キャプテン翼』の主人公・大空翼にちなんで「翼」と名づけられた。千葉の名門・流通経済大柏高校から流通経済大学へ進学し、在学中にはMF相澤祥太、MF村越健太らとプレーした。左右のサイドバックやMF、さらにはウイングといった多くのポジションを高いレベルでこなすことのできるユーティリティー性を持っており、独特なリズムで仕掛けるドリブルを武器としている。昨年所属したジョイフル本田つくばFCで関東リーグ1部を経験済み。”

南葛SC公式HPより引用

今期より加入した新卒選手のうちの一人である中村翼選手。(南葛SCに中村選手はお一人しかいませんが、どうしてもフルネームでメンションしたくなるお名前です!)サポーターの中では有名な話ですが、お名前の由来は本当に『キャプテン翼』の主人公である大空翼くんで、背番号の55は、5+5=10(翼君の背番号)になるという理由から選ばれました。ツイッターでは、いつもの定型文の中に、毎回一文ほど異なる内容が紛れ込んでいるので、ぜひツイートの中からそちらを探してみてください。

Twitter:https://twitter.com/T283625
Instagram:https://www.instagram.com/tsubasa_283625/

これからの記事にも乞うご期待!

ここまでお読みくださった皆さま、ありがとうございました!

新人職員という立場から書かせてもらいましたが、南葛にはありがたいことに、南葛SCについてのnoteを投稿してくださるサポーターがたくさんいます。私自身が知らなかった選手にまつわる情報も多く書かれてあり、どれも楽しく読ませてもらっています。選手や公式ツイッターがそれらの記事を多くリツイートしているので、ぜひご覧になってください。

南葛SCにあまり詳しくない方だと、「FiNANCiE」や「個人スポンサー」など、見慣れない用語がいくつか登場し、困惑されたかもしれません。私も入社当初は同じ心境にあったので、今後そのような、南葛SC独自の取り組みについての記事も、執筆していこうと考えています!

また、選手自身のSNSだけでなく、南葛SC公式のツイッターやインスタ、YouTubeでも多くの情報を得られますので、ぜひフォローしてみてください!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
南葛SC / NANKATSU SC
東京都葛飾区からJリーグ入りを目指し活動中のチーム。世界的に有名な『キャプテン翼』の原作者、高橋陽一先生が代表取締役を務める南葛SCのnote公式ページです。http://www.nankatsu-sc.com/